メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

佐渡裕 「1万人の第九」で20回目のタクト 音楽の喜び分かち合う

指揮者の佐渡裕=大阪市北区で、木葉健二撮影

 「この指揮台に立つことは僕の天命。1万人を前にするといまだに圧倒される」。今年で36回目を迎える師走の風物詩「サントリー1万人の第九」で、総監督と指揮を務める。ベートーベンの「交響曲第9番」を歌うため、一般公募によって結成された1万人の合唱団の前で指揮棒を振るのは20回目だ。

 初めてオファーを受けた時は1回だけ、という約束だった。「1万人で交響曲をやるというイベント的要素が嫌だった」。だが、実際に指揮してみると「ベートーベンのメッセージが1万人(それぞれ)の中にあるような気さえする」と面白さを感じた。

 合唱団は北海道から沖縄まで全国から集まってくる。自身が拠点とするウィーンからも約20人が参加する。…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです