メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県政世論調査

食品・農産物の安全確保や第1原発の廃炉に関心 6割が回答 垣間見える県民の心境 今年度 /福島

 県は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興など、政策づくりの基礎的な資料とする今年度の県政世論調査結果をまとめた。復興関連の情報発信について、食品・農産物の安全確保への取り組みや、第1原発の廃炉に関心があると回答した人がともに約6割を占め、復興がどこまで進んでいるのかを気にしている県民の心境が垣間見える結果となった。

 調査は郵送で8月15~29日に実施。15歳以上の県民1300人を対象に無作為で抽出し、638人から…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです