メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

フリーライターと店長を両立させ 中野瞳さん(28)=長野市 /長野

毎朝白湯を振る舞いPR

 「おはようございます」「白湯(さゆ)をどうぞ」。店長を務めるイベント開催や雑貨販売などをする「やってこ!シンカイ」(長野市三輪)の店頭に毎朝午前7時半から立ち、出勤や通学で通りかかる人に白湯を振る舞っている。近所の人に店を訪れるきっかけを作る狙いだ。将来的には「ここで子どもを育てたい。いろいろな人が来て、子どもにいい影響がある場所にしたい」と思っている。

 元々はフリーランスのライターだ。大学卒業後、上田市のベンチャー企業で県内企業を取材する仕事をしてい…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文916文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです