メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/25 将棋 藤原直哉七段 巻き返し期す個性派 /兵庫

妻のアドバイスで梅干しを用意して対局に臨む藤原直哉七段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

藤原直哉七段(53)=神戸市出身

 名前は父親が好きだった作家、志賀直哉から取ったものだ。だからなのか、将棋雑誌への寄稿など文章が洒脱(しゃだつ)。だが「小説家を目指したことはないです。『城の崎にて』は読みましたけどね、よくわからなかった」と笑う。昭和のにおいをプンプンさせる個性派棋士の一人だ。

 一人っ子で、両親が将棋を指しているのを横で見て覚えた。といっても父親は2、3級、母親は駒の動かし方を知っている程度だったという。指す相手がいなくなり、小学3年で後に師匠となる若松政和七段の教室に通い始めた。同門の井上慶太九段は2学年上だが、奨励会入会は同期。家も近所で、「百番勝負をしよう」と実戦練習に励んだ。

 6級で入会して1年で2級まで昇級。「この調子なら20歳にはプロになれるかな」と思っていたのが、それから1級へ上がるのに1年ちょっとかかった。おまけに三段昇段後の1987年に現行の三段リーグが創設。それまで規定の成績を挙げればプロ(四段)になれたのが、東西の三段が半年間のリーグ戦を戦い、上位2人しかプロになれなくなった。「東京の人が強かったですね。先崎さん(学九段)と中川さん(大輔八段)が第1回リ…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  2. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  3. 東京オリンピックのモニュメント再設置 整備終え、5色のマーク到着 東京・お台場

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです