メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坪尻駅で停車中の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」=徳島県三好市で、成沢健一撮影

 JR土讃線の多度津駅から大歩危駅(徳島県三好市)まで特急に乗れば、ほとんどの列車が55分前後で到着します。ところが同じ特急でも、観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の所要時間は2時間半です。絶景ポイントで乗客が写真を撮りやすいようにスピードを落とすといいますが、それにしても倍以上の時間をどう過ごすのかが気になっていました。そんなところに、県内の異業種交流団体「いやしの会」からこの列車に乗る日帰りツアーの案内があり、迷わず参加を決めました。

 秋晴れの週末に集まったのは会員やその家族ら計22人。多度津駅を出発し、古民家をイメージした木のぬく…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです