メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

安養寺俊隆さん=クイーンズ駅伝で連覇を達成したパナソニック監督

喜び笑顔で手を振るパナソニックの安養寺俊隆監督=仙台市宮城野区で2018年11月25日、玉城達郎撮影

安養寺俊隆(あんようじ・としたか)さん(53)

 優勝の瞬間、Vサインを作った両手を高々と広げて選手を迎えた。自ら声をかけて円陣を組み、一緒に歓喜の声を上げた。「大した娘たちですよ」。胴上げされると、2年連続の優勝を飾った選手たちをたたえる言葉を繰り返した。

 競技や仕事で責任を果たすため、選手には自分をコントロールするよう説いてきた。同時に、一人一人と積極的に会話し、考えや気持ちを聞くことにも努める。個々の自主性を引き出す指導の成果は、走りだけではない。優勝記者会見で選手全員が質問の意図を理解し自分の考えを明確に話す様子にも表れていた…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです