メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

北部でガス弾使用か 国営通信報道

 【ベイルート共同】シリアの国営通信によると、北部アレッポに24日夜、ガス弾が撃ち込まれ、市民107人が呼吸困難の症状で治療を受けた。「テロ組織の犯行」で、塩素ガスが使用された可能性が高いとしている。

 反体制派に近いシリア人権観測所(英国)も、アレッポ西部に砲弾が撃ち込まれ、94人が呼吸困難の症状を…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです