メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

小林製薬(大阪府)/下 全社員が開発者

第1回「全社員アイデア大会」の告知ポスター。小林章浩社長(中央)らを当時ヒットした企業ドラマ風に配している=小林製薬提供

 <since 1886>

執念を燃やし 謙虚に柔軟に 常に創造と革新を

 創立記念日の8月22日。小林製薬の全拠点が、通常業務の手を休める。「全社員アイデア大会」の開幕だ。この日のために温めてきた新商品企画を一人一人が披露し、部署ごとに代表作を選出。決勝大会で小林章浩社長らが審査し、入賞者を決める。

 大会がスタートした2014年以前から続いているのが、36年の歴史を持つ提案制度だ。商品や事業だけでなく、業務や制度の改善案なども対象で、年間5万件を超える応募がある。「全社員が開発者」という共通認識が、個性豊かな商品を生み出す原動力となっている。

 アイデアの商品化が決まると、次はネーミングだ。「ダジャレのようだとよく言われるが『特性を分かりやす…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです