メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

金融機関、認知症の人サポート

研修では金融機関での高齢者とのやりとりを演じながら、工夫すべき点について皆で検討した=京都府福知山市で

 金融機関に認知症の人が顧客として来店する際、窓口対応に困る事例が相次いでいる。職員の説明を理解できなかったり、通帳をなくしたりするためだ。相手との接し方や抱え込まずに対応する方法を学ぼうと金融機関向けの研修が始まった。

 ●窓口での対応苦慮

 「尋ねられたことの答えを何回説明しても理解してくれない」「通帳を繰り返し紛失する」--。三井住友信託銀行が昨年3月、窓口で高齢者に対応する際に困っていることを全支店に聞いた結果、このような項目が多かった=表上。

 高齢化の進展に伴い、認知症の高齢者は2012年で462万人、25年には700万人に達する見込みだ。…

この記事は有料記事です。

残り2365文字(全文2641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ネット得票最多が“落選” 自民道連「組織票」 参院選候補選び
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです