メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/3 記念行事、狂言に挑戦

練習の休憩時間に手話狂言のセリフをまねて遊ぶ子どもたち

 <kyoiku no mado>

 「こんにちはー」。字で表すと、こんな感じだろうか。1週間の秋休み後、久しぶりに明晴学園(東京都品川区)を訪れた私(記者)に、小学5年の安田拓海さん(11)が、手話であいさつしてくれた。まぶしい笑顔にうれしくなったが、その様子を見た担任の小野広祐教諭(39)が「なれなれしく話さないで。敬語を勉強したでしょ」と叱っている。安田さんはばつが悪そうに肩をすぼめて「こんにちは」とやり直した。手話では肩をすぼめると敬語の表現になる。日本手話で授業する明晴学園では、手話科の授業があり、文法や敬語、状況に応じた話し方を学んでいる。人前ではハキハキと話すように、手話で発表する時はおしゃべりの時とは速度も大きさも異なる。声色や語調のように、手話にも色やリズムがあるのだ。

 10月中旬、小学5、6年の教室に「本番まで26日」と書かれた大きなカレンダーが掲げられた。開校10周年記念行事で劇などを披露する「千神祭(せんかみさい)」に向けた練習が本格化し、5、6年は、伝統芸能「狂言」のセリフを手話で演じる「手話狂言」に取り組んでいた。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです