メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
詩歌の森へ

間村俊一の装幀本=酒井佐忠

 文学書、とりわけ現代詩歌本の装幀で独自の個性を発揮する間村俊一。彼のブック・デザイナーとしての魅力を探る一冊が出た。『彼方の本-間村俊一の仕事』(筑摩書房)。定規やカッターなど道具重視の職人気質(かたぎ)の仕事から生まれる美学が魅力の源泉。最も目につきやすい書体の大胆な活用も現代性に富んでいる。だが、さらに彼の根底に流れているのは、若き日に培ったアウトサイダー的な文学偏愛の魂である。

 『新校本宮澤賢治全集』『新編中原中也全集』『塚本邦雄全集』『金子兜太集』をはじめ、手がけた約300…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文584文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです