メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

間村俊一の装幀本=酒井佐忠

 文学書、とりわけ現代詩歌本の装幀で独自の個性を発揮する間村俊一。彼のブック・デザイナーとしての魅力を探る一冊が出た。『彼方の本-間村俊一の仕事』(筑摩書房)。定規やカッターなど道具重視の職人気質(かたぎ)の仕事から生まれる美学が魅力の源泉。最も目につきやすい書体の大胆な活用も現代性に富んでいる。だが、さらに彼の根底に流れているのは、若き日に培ったアウトサイダー的な文学偏愛の魂である。

 『新校本宮澤賢治全集』『新編中原中也全集』『塚本邦雄全集』『金子兜太集』をはじめ、手がけた約300…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです