メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・きらり

コスプレで世界つなぐ ファッションブランド代表・堺敦子さん

自らデザインした作品を手にする堺敦子さん=東京都千代田区で、川畑さおり撮影

 <ki ra ri>

 昨年、金融業界で機関投資家として10年働いたキャリアをあっさり捨て、ファッションブランド「アツコスヴェト」を設立した。年齢、性別に関係なく着られる服を提案する。自分で探してきたパタンナーとアトリエに頼んで製作したブラウスの肩幅は、男性でも着られるようにゆったりとしたサイズ感が特徴だ。実はコスプレーヤー「ヒカリ」としても活動。海外でも知られ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のフォロワーは国内外で3万人に上る。

 コスプレに興味を持ったのは、いじめに遭っていた中学生のころ。持病のちくのう症が悪化し、同級生から「ばい菌」と呼ばれた。その後、手術をして症状は改善したが「学校に居場所がなく、生きている価値がないと思っていた」と振り返る。そんな日々の中、自宅から自転車で10分の本屋に置いてある雑誌を立ち読みするのが楽しみだった。年2回、コスプレーヤーたちの写真が掲載される特集に心を奪われた。

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  3. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  4. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです