体操

全日本団体選手権 順大3連覇 男子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子団体で優勝が決まり、喜ぶ順天堂大の選手たち=高崎アリーナで2018年11月25日、佐々木順一撮影
男子団体で優勝が決まり、喜ぶ順天堂大の選手たち=高崎アリーナで2018年11月25日、佐々木順一撮影

 最終日は25日、群馬県の高崎アリーナで男子が行われ、世界選手権団体総合銅メダリストの萱和磨、谷川航らを擁する順大が6種目合計258・993点をマークし、3年連続6度目の優勝を果たした。世界選手権の種目別床運動で銅メダルの白井健三が率いる日体大は255・795点で2位。3位はセントラルスポーツだった。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文540文字)

あわせて読みたい

注目の特集