メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

全日本団体選手権 順大3連覇 男子

男子団体で優勝が決まり、喜ぶ順天堂大の選手たち=高崎アリーナで2018年11月25日、佐々木順一撮影

 最終日は25日、群馬県の高崎アリーナで男子が行われ、世界選手権団体総合銅メダリストの萱和磨、谷川航らを擁する順大が6種目合計258・993点をマークし、3年連続6度目の優勝を果たした。世界選手権の種目別床運動で銅メダルの白井健三が率いる日体大は255・795点で2位。3位はセントラルスポーツだった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです