メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

カシオワールドオープン 崔虎星、逃げ切りV

 崔虎星(チェ・ホソン)=韓国=が5バーディー、ノーボギーの67で回り、通算15アンダーの273で逃げ切り優勝。2013年のインドネシア・プロ選手権以来、日本ツアー2勝目を挙げた。

 1打差の2位にブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、さらに1打差の3位は姜庚男(韓国)。賞金ランキング1位の今平周吾は通算8アンダーで13位、石川遼は通算3アンダーで40位だった。

 ギャラリーから笑いが起こるのはこの人ぐらいだろう。打ち終わりにバランスを崩したかのように右へ左へと動いたり、時には足を上げたりと崔虎星のスイングは独特だ。

 首位タイで迎えた18番パー5のティーショットでも左側に倒れるような動きだったが、打球はフェアウエーど真ん中に。2オンして楽々バーディーを奪い、優勝を決めた。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです