メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

関東大学リーグ 早大全勝V

 最終節が25日、横浜スタジアムであり、早大が24-20で法大に競り勝ち、全勝で2年ぶり5回目の優勝を決めた。リーグ戦は1部上位8校のうち、悪質タックル問題で公式試合出場停止処分を受けた日大をのぞく7校で実施。最優秀選手には早大のDL斉川尚之(4年、独協)が輝き、13FGを決めてシーズン最多記録を更新した明大のK佐藤太希(4年、静岡聖光学院)が特別賞を受賞した。

 早大は12月2日に全日本大学選手権東日本代表決定戦(東京・アミノバイタルフィールド)で、東北大と対戦。勝者が同16日に行われる同選手権決勝「三菱電機杯 第73回毎日甲子園ボウル」(毎日新聞社、日本学生アメリカンフットボール協会主催、三菱電機特別協賛)に進む。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  4. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです