メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者雇用

愛知、共に考え働く 08年から知的障害者採用 鶏舎の管理「続けたい」

鶏の卵を仕分けして集める知的障害者の男性(手前)。普段は鶏舎を一人で管理している=愛知県長久手市の県農業総合試験場で2018年11月16日、上東麻子撮影

 精神・知的障害者の多くが「門前払い」されていた全国都道府県の障害者雇用枠。他の地方自治体が二の足を踏む中、愛知県は2008年から知的障害者を受け入れている。

 「これは名古屋コーチン、こっちは白色レグホンです。落とさないように卵の集荷は気を使います」

 同県長久手市郊外にある県農業総合試験場の鶏舎。10年前から働く男性(29)が、手際良く卵を仕分けながらケースに収めていく。知的障害者としての採用第1号だ。卵の数を計算して用紙に記入し、作業車を運転して集荷場へ。約1000羽の世話を一人で担う。「最初は戸惑ったが、分かりやすく教えてくれた。仕事は自分に合っているので続けたい」。自宅通勤で、給与から親に食費などを払い、残りは自分の携帯電話代や生命保険代、趣味などに使う。

 県によると、厚生労働省から10年以上前、知的障害者を雇用するよう要請があったという。図書館の図書整…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです