メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所

貴景勝、騒動乗り越えV 22歳、元親方に恩返し 「勝っておごらず、負けて腐らず」

【大相撲九州場所千秋楽】初優勝し、パレードでファンに手を振る貴景勝関。左は隆の勝関=福岡市博多区で2018年11月25日、徳野仁子撮影

 激動の1年を最高の形で締めくくった。大相撲九州場所は25日、千秋楽で東小結の貴景勝関(22)が幕内初優勝を果たした。場所前に師匠の元貴乃花親方(元横綱)が突然角界を去り、所属した旧貴乃花部屋も消滅。急きょ千賀ノ浦部屋へ移るなど落ち着く間もない中で土俵に臨んだ幕内最年少力士は、小学生から夢見てきた賜杯を抱き、「一生懸命やることが今後につながると思ってきた」と万感の思いを語った。

 兵庫県芦屋市の出身。小学3年生から相撲を始めたが、当時は「大会でも一番小さかった」という。父佐藤一…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文764文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  3. 地震で中断の「定時で帰ります」 25日放送 吉高さん被災地にエール
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 東電柏崎刈羽原発、18日夜の地震で「異常あり」と誤送信 柏崎市長が激怒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです