メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長の保釈認める 東京地裁 保証金5億円
全日本実業団対抗女子駅伝

若きパナ連覇

昨年繰り上げV

 パナソニックが2年連続で駅伝女王の座に就いた。25日に宮城県の松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間42・195キロのコースで行われた第38回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は、パナソニックが2時間15分22秒で制した。全区間をトップでつなぐ完全優勝だった。(2面に安養寺監督の「ひと」)

 パナソニックは昨年、2着でフィニッシュしたが、大会後に1着のユニバーサルエンターテインメントがドー…

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1819文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです