ガソリン高騰

仏で「黄色いベスト」デモ 一部暴徒化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 フランスで24日、マクロン政権の経済政策に反発する大規模なデモが行われ、暴徒化した一部のデモ隊と警察隊が激しく衝突した。

 政府による燃料税の引き上げやガソリン価格の高騰に反対するデモには、全国で約10万人以上が参加したといわれ、17日に続き、17年に発足したマクロン政権下では最大規模のデモとなった…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

あわせて読みたい

ニュース特集