青森市議会

差別的投稿の市議に辞職勧告決議 本人は病欠

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山崎翔一氏
山崎翔一氏

 10月の青森市議選で無所属新人で初当選した山崎翔一氏(28)が、匿名のツイッターアカウントで差別的な表現を含む投稿をしていた問題で、同市議会は26日の臨時会で、山崎氏への辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。山崎氏は同日から3日間の臨時会を欠席。議会事務局によると「入院加療を要する病気のため」としている。

 決議案は共産党会派の藤原浩平議員が提出。「市議会や市に対して300件を超える意見や苦情が寄せられた。差別と侮辱の発言を繰り返し発信する人物は議員にふさわしくない」と指摘した。山崎氏の任期は26日からの4年間で、決議に法的拘束力はない。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文506文字)

あわせて読みたい

ニュース特集