メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
EU

英国との「離脱協定」と「政治宣言」で正式合意

EU離脱を巡る英国内の今後の動き

臨時首脳会議 今後の焦点は英国とEU双方の議会審議に

 【ブリュッセル八田浩輔、矢野純一】欧州連合(EU)は25日の臨時首脳会議で、英国の離脱条件を定めた「離脱協定」と、英・EUが広範囲の自由貿易圏を目指す「政治宣言」の両案に正式合意した。約17カ月に及んだ交渉は区切りを迎え、今後の焦点は英・EU双方の議会での審議に移る。だが離脱方針を巡る英与党内の亀裂は深刻で、合意は英議会で否決される可能性がある。来年3月29日の離脱まで4カ月あまり。議会の承認なく時間切れを迎えれば、合意事項は白紙に戻り、経済や市民生活の混乱を伴う無秩序な離脱を迫られる。

 協定案は法的な文書で議会の批准を経て施行される。2020年末まで英国がEUの単一市場に残る移行期間…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文817文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです