沖縄

ヤンバルクイナの「キョンキョン」が引退

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示されていたヤンバルクイナのキョンキョン=沖縄県国頭村のヤンバルクイナ生態展示学習施設提供
展示されていたヤンバルクイナのキョンキョン=沖縄県国頭村のヤンバルクイナ生態展示学習施設提供

 沖縄県国頭(くにがみ)村のヤンバルクイナ生態展示学習施設で2013年の開所時から展示され、生態系を守る必要性を訴えてきた雌の「キョンキョン」(7歳)が25日、引退した。

 沖縄本島北部の森だけに生息する国の天然記念物。自然の豊かさを伝える大役を担ってきたが、心臓疾患が見つかった。今後は近くの環境省の…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

あわせて読みたい

注目の特集