メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
東名あおり事故

遺族「なぜあの場所に停車させたか」

事故時に嘉久さんが身につけていた衣類を手にしながら、嘉久さんとの思い出を話す文子さん=静岡市清水区で2018年11月7日、木下翔太郎撮影

夫婦死亡で危険運転致死傷など 横浜地裁で12月3日初公判

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられた車がトラックに追突され、萩山嘉久さん(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が、12月3日から横浜地裁で始まる。初公判を前に、嘉久さんの母の文子さん(78)が胸中を語った。【木下翔太郎】

 静岡市清水区で自動車整備店を経営していた嘉久さんは、故障で立ち往生した車を無料で修理するような優し…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1431文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです