メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝

平均年齢20.8歳、パナが完勝で連覇

【第38回全日本実業団対抗女子駅伝】優勝しスタンドに向かって万歳する安養寺俊隆監督(右端)らパナソニックの選手たち=仙台市宮城野区で2018年11月25日、玉城達郎撮影

「クイーンズ駅伝in宮城 第38回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(25日、宮城県の松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場に至る6区間42.195キロ)

 創立100周年の節目に6人の平均年齢20.8歳のパナソニックが、後続に1分近い大差をつける完勝で連覇を達成した。前回は大会から8カ月後の繰り上げ優勝で、主将の内藤は「真の(トップの)ゴールテープを切ることが目標だった。うれしい気持ちでいっぱい」と目を潤ませた。

 前回1~3区で3連続区間賞の森田香、渡辺、堀の3本柱が、今年は1、3、5区の主要区間で区間賞。特に…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです