メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

貴景勝の大関取りは先 協会の八角理事長

【大相撲九州場所・千秋楽】協会あいさつを読み上げる八角理事長(中央)=福岡国際センターで2018年11月25日、野田武撮影

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は25日、九州場所で13勝2敗で初優勝した小結・貴景勝について「来場所、どういう成績を残すかで大関候補になれるかどうか」と述べ、来年1月の初場所は大関取りの場所にはならないとの認識を示した。

 貴景勝は先場所、小結で9勝を挙げ、今場所も含めて三役2場所で22…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです