メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

「一生懸命やる…」初優勝の幕内最年少・貴景勝

【大相撲九州場所千秋楽】初優勝し、パレードでファンに手を振る貴景勝関。左は隆の勝関=福岡市博多区で2018年11月25日、徳野仁子撮影

大相撲九州場所千秋楽(25日・福岡市の福岡国際センター)

 激動の1年を最高の形で締めくくった。大相撲九州場所は25日、千秋楽で東小結の貴景勝関(22)が幕内初優勝を果たした。場所前に師匠の元貴乃花親方(元横綱)が突然角界を去り、所属した旧貴乃花部屋も消滅。急きょ千賀ノ浦部屋へ移るなど落ち着く間もない中で土俵に臨んだ幕内最年少力士は、小学生から夢見てきた賜杯を抱き、「一生懸命やることが今後につながると思ってきた」と万感の思いを語った。

 兵庫県芦屋市の出身。小学3年生から相撲を始めたが、当時は「大会でも一番小さかった」という。父佐藤一…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです