メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

順大が3連覇 全日本団体選手権

男子団体で優勝が決まり、喜ぶ順天堂大の選手たち=高崎アリーナで2018年11月25日、佐々木順一撮影

 体操の全日本団体選手権最終日は25日、群馬県の高崎アリーナで男子が行われ、世界選手権団体総合銅メダリストの萱和磨、谷川航らを擁する順大が6種目合計258.993点をマークし、3年連続6度目の優勝を果たした。世界選手権の種目別床運動で銅メダルの白井健三が率いる日体大は255.795点で2位。3位はセントラルスポーツだった。順大は谷川が跳馬で14.966点と全体トップの得点を出し、チームではあん馬と跳馬、平行棒で全体1位だった。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文634文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです