メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

学ぼう使おう、情報公開=小国綾子

「武器としての情報公開」の著者、日下部聡記者が特定秘密保護法案の取材のために情報公開請求した結果、政府から開示された公文書の一部=2014年8月6日撮影

 正直に言うと、情報公開請求なんて調査報道が得意な敏腕記者が使う制度で、私には縁遠いと思っていた。でも「武器としての情報公開」(ちくま新書)を読んで自分の不明を恥じた。「縁遠い」と思っちゃいけなかったんだ!

 著者は、同僚の日下部聡記者。情報公開制度を駆使し、石原慎太郎・元東京都知事の公私混同ぶりを追及したり、憲法解釈をめぐって内閣法制局がいかに記録を残していなかったかを暴いたりした取材体験などを紹介している。

 心打たれたのは、富山市在住の吉田憲子さん(72)の話。障害児支援に関わっていた彼女は障害児関連の予算の情報公開を求めたのをきっかけに、何度も必要に応じて制度を利用してきた。その結果、ジャーナリストでも研究者でもない彼女が、日下部記者に先んじて、安保関連法案の決裁日をめぐる貴重な文書を内閣法制局から引き出したのだ。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです