特集

公文書・法と制度

毎日新聞デジタルの「公文書・法と制度」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

連載 あした元気になあれ

学ぼう使おう、情報公開=小国綾子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「武器としての情報公開」の著者、日下部聡記者が特定秘密保護法案の取材のために情報公開請求した結果、政府から開示された公文書の一部=2014年8月6日撮影
「武器としての情報公開」の著者、日下部聡記者が特定秘密保護法案の取材のために情報公開請求した結果、政府から開示された公文書の一部=2014年8月6日撮影

 正直に言うと、情報公開請求なんて調査報道が得意な敏腕記者が使う制度で、私には縁遠いと思っていた。でも「武器としての情報公開」(ちくま新書)を読んで自分の不明を恥じた。「縁遠い」と思っちゃいけなかったんだ!

 著者は、同僚の日下部聡記者。情報公開制度を駆使し、石原慎太郎・元東京都知事の公私混同ぶりを追及したり、憲法解釈をめぐって内閣法制局がいかに記録を残していなかったかを暴いたりした取材体験などを紹介している。

 心打たれたのは、富山市在住の吉田憲子さん(72)の話。障害児支援に関わっていた彼女は障害児関連の予算の情報公開を求めたのをきっかけに、何度も必要に応じて制度を利用してきた。その結果、ジャーナリストでも研究者でもない彼女が、日下部記者に先んじて、安保関連法案の決裁日をめぐる貴重な文書を内閣法制局から引き出したのだ。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文948文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集