NASA

インサイトが火星着陸 2年かけ内部構造探る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン鈴木一生】米航空宇宙局(NASA)は26日、火星の内部構造に迫る無人探査機「インサイト」が火星の着陸に成功したと発表した。約2年間、地震計を設置して振動を分析するなどし地下の構造を探る。火星の本格的な内部構造の探査は初めて。

 インサイトは、5月、米西部カリフォルニア州バンデンバーグ空軍…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集