メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台・長命ケ丘小

クイーンズ駅伝選手が陸上教室 子供に走る楽しさを /宮城

 「クイーンズ駅伝in宮城 第38回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)で7位だった日本郵政グループの鈴木亜由子選手らが26日、仙台市泉区の同市立長命ケ丘小学校のグラウンドで「ふれあい陸上教室」を開き、走ることの楽しさを伝えた。

 この日の教室では3、4年の児童109人が参加した。腕の振り方や足の上げ方などを教わったほか、鬼ごっこに挑戦。児童たちは鬼役の選手たちにつかまらないように歓声をあげながらグラウンドを走り回っていた。

 同校では児童たちの体力向上を目指し、毎週木曜日の朝にマラソンを実施しているという。また、28日には…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです