メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セミナー

吃音のある子とどう接すれば? 保護者ら悩み共有 金沢 /石川

セミナーであいさつする「石川県あすなろの会」代表の畑智子さん=金沢市北安江3で、石川将来撮影

 吃音(きつおん)のある子供との接し方などについて学ぶセミナーがこのほど、金沢市北安江3の金沢勤労者プラザであった。保護者ら約30人が参加し、体験や悩みを共有した。

 6月に発足した吃音の子を持つ親の会「石川県あすなろの会」▽当事者の自助グループ「石川言友会」▽支援者らでつくるNPO法人「全国言友会連絡協議会」が共催し、毎日新聞北陸総局などが後援した。最初に、あすなろの会代表の畑智子さん(51)=金沢市=が「明日はなりたい自分になろう」との願いを込めてつけたという同会の名称につい…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです