メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江戸川乱歩館

再開半年 女性中心に入館者6割増 鳥羽商議所、平日開館も検討 /三重

 探偵小説の先駆者、江戸川乱歩(1894~1965年)に関する資料などを展示する「鳥羽みなとまち文学館『江戸川乱歩館』」が、今年5月に再開して半年がたった。前年同期に比べ約6割増加し、特に若い女性が目立つという。施設を管理運営する鳥羽商工会議所は、開館日を現在は土日祝日に限っているが、予約制の平日も常時開館する方向で検討を始めた。【林一茂】

 同館は、乱歩と親交のあった風俗研究家、岩田準一(1900~45年)の木造2階建ての自宅を改修して2…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文680文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです