メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前川・元文科事務次官

道徳教育の危険性指摘 「自分で考えさせて」 豊中で講演 /大阪

講演する前川喜平さん=大阪府豊中市玉井町1のとよなか男女共同参画推進センターで、亀田早苗撮影

[PR]

 元文部科学事務次官で現代教育行政研究会代表の前川喜平さんが24日夜、豊中市玉井町1のとよなか男女共同参画推進センターで開かれた第52回豊中母親大会(実行委主催)で講演した。前川さんは終戦までの道徳教育の根幹となった教育勅語を巡る近年の動きに触れ、今の道徳教育の危険性を指摘した。

     前川さんは文科省初等中等教育局長だった2014年、下村博文・文科相(当時)から、教育勅語について従来の同省見解を覆す国会答弁を指示され「困った」エピソードを披露。結局、下村文科相は「中身には普遍的なものがある。この点に着目して、教育勅語そのものではなくて、その中身を学校で教材として使うことは差し支えない」と答弁した。

     前川さんは教育勅語の構造を「天皇制国家やその相似形の家制度に忠孝を尽くすよう求めるもの」と説明。憲法や教育基本法で国家優先の考え方は否定され、1948年に国会でも排除・失効とされた。「教育勅語を本気で復活させようという人が政権にうじゃうじゃいることは、きわめて危険だ」と述べた。

     さらに、今年度から小学校で教科となった道徳の教科書は「自分を殺して全体に尽くせという話が多い」と例示。「今や地球全体を考えるべき時代。19世紀的国家主義ではなく、自立した国民主権の担い手として人権尊重や平和などを教えなければ」とし「国家と支配層のための道徳教育」にならないよう訴えた。

     その上で具体的な教育方法として、教材の途中で児童や生徒に「どうすべきか」議論させ、考えさせる「中断読み」を提言した。【亀田早苗】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

    2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

    3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

    4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

    5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです