メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

茨木高校/4 青春の記憶 人生を豊かに 元文芸春秋社長 平尾隆弘さん

茨木高校時代に書いたラブレターについて語る元文藝春秋社長の平尾隆弘さん=大阪市北区で、梅田麻衣子撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ふるさと>

 ◆茨木高校=大阪府茨木市

元文芸春秋社長 平尾隆弘さん(72)=1965年卒

 山崎豊子さんや立花隆さん、村上春樹さんの担当編集者を務めた元文芸春秋社長、平尾隆弘さん(72)が在校したのは池田勇人(はやと)内閣が「所得倍増計画」を打ち出し、高度経済成長が実現していく戦後日本の青春のような時代だった。1964年の東京五輪は高3で迎えた。「明日は今日よりも良くなる」という思いが空想ではなく、実感だった。その感覚が、茨高(いばこう)の思い出とともに今も身体に根付いている。【谷田朋美】

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文1890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです