メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/31 新林業/4 里山と街結ぶ谷林業 /奈良

 吉野5大林家の一つとして知られる谷林業。約1500ヘクタールの山林を保有し、奈良県の林業を支えてきたが、今大きく変わろうとしている。

 その主役は現当主の谷茂則さん。吉野の施業をストップさせて新たに王寺町の里山を舞台に新事業を模索しているのだ。

 「大学を卒業後、実家にもどったら家業がのっぴきならない状況だと気づいた」という。負債処理や相続対策に奔走した。そして山守に任せっぱなしだった林業も自ら手がけ始めた。じかに技術者を雇用し、林内に作業道を巡らし機械化する“今風”の林業に挑んだのだ。

 「でもこのやり方では、どう考えても将来はないと気づきました。大面積と言っても林地は分散している、材…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「就職氷河期世代」とは

  3. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです