メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

ゲノム編集受精卵で出産? 研究者「双子誕生」

 【ワシントン共同】中国の研究者が遺伝子を自在に改変できるゲノム編集技術を人の受精卵に適用し、今月に双子の女児が誕生したと主張していると、AP通信が26日報じた。エイズウイルス(HIV)への感染防止目的で行ったという。

 事実なら「生命の設計図」とも言われる遺伝子を人為的に書き換えられた人が生まれた初の例となる。だが研究者は論文を発表しておらず、実施を疑う専門家もいる。中国で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです