メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳児の肝臓難病

治験難航 認知度低く、患者集まらず 東大チーム「救えるかも」参加呼びかけ

 乳児が発症する肝臓の難病の治療薬開発を目指し、東京大などのチームが始めた治験の参加者集めが難航している。非常に珍しい病気のため、医師にもほとんど知られていないことが理由とみられる。来年3月までに集まらなければ研究が中断する可能性があり、チームは「治療法がなかった赤ちゃんを救うため治験に参加してほしい」と訴える。

 この難病は、乳児期に発症する「進行性家族性肝内胆汁うっ滞症」。初期に黄だんが出るのが特徴だ。肝臓か…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文721文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです