メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

消費増税対策 還元5%に戸惑い 外食、コンビニ負担懸念 カード会社は一転参加

経済財政諮問会議、未来投資会議などの合同会議であいさつする安倍晋三首相(右から3人目)=首相官邸で2018年11月26日午後6時14分、根岸基弘撮影

 政府は来年10月の消費税増税に伴う経済対策の骨格をまとめた。キャッシュレス決済時にポイントを還元する制度の導入などが柱で、安倍晋三首相が直前に還元率を5%に引き上げる意向を表明した。クレジットカード会社などで評価する声があるものの、負担増や顧客流出を懸念する小売りや外食業界では戸惑いが広がる。来夏の参院選も見据え、改めて「経済最優先」をアピールした形だが、どこまで効果を発揮するか見通せない状況だ。【大久保渉、藤渕志保、和田憲二】

 「自社のカード会員に5%ものポイントをタダで提供できる。会員のことを考えれば乗らない判断はできない」。安倍首相は22日、ポイントの還元率を2%から5%に引き上げる意向を表明。これを受け、還元制度への参加に難色を示してきた大手クレジットカード会社幹部は、一転して参加する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り1927文字(全文2286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです