メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

川柳は見ていた=玉木研二

 <ka-ron>

 川柳は皮肉と風刺、滑稽(こっけい)と哀感に生きる。時に権力の不興と不安を誘う。

 たとえば、戦前プロレタリア川柳を唱えた鶴彬(つるあきら)は<手と足をもいだ丸太にしてかへし>などと詠んで反軍の信念を鮮明にし、厳しい弾圧の中、20代の若さで死んだ。

 一方、日常の生活の中で川柳を愛した多くの無名の人らは、戦争中、どんな思いを作品にこめていただろうか。

 フリーライターの田村義彦さん(77)は戦時中でも発行された「川柳きやり」「番傘」2誌の膨大な作品に…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです