メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

浜田靖一氏/下 「天切り松 闇がたり」 「粋」な心意気に共感

 この小説は、スリや盗っ人の元締だった男が、大正時代の仲間たちとの逸話を振り返る設定の作品だ。「どこまでいっても親分は1人」という筋を通そうとする男が描かれる。主人公のべらんめえ口調のセリフの響きが、読んでいるだけでも耳によみがえってきて心地よい。

 主題は「義理と人情とやせ我慢」。(元官房長官の)梶山静六先生が常々言っていたことと重なる。党の国対委員長もやらせてもらった身からすると、国対(国会対策)には、まさにそれが必要だ。

 いろいろ言われるけど国対は本当に芸術だと思う。中島みゆきさんの「糸」ではないが、互いの主張を一本一…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1128文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです