メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

浜田靖一氏/下 「天切り松 闇がたり」 「粋」な心意気に共感

 この小説は、スリや盗っ人の元締だった男が、大正時代の仲間たちとの逸話を振り返る設定の作品だ。「どこまでいっても親分は1人」という筋を通そうとする男が描かれる。主人公のべらんめえ口調のセリフの響きが、読んでいるだけでも耳によみがえってきて心地よい。

 主題は「義理と人情とやせ我慢」。(元官房長官の)梶山静六先生が常々言っていたことと重なる。党の国対委員長もやらせてもらった身からすると、国対(国会対策)には、まさにそれが必要だ。

 いろいろ言われるけど国対は本当に芸術だと思う。中島みゆきさんの「糸」ではないが、互いの主張を一本一…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです