メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

金商法改正で不正防止 金融庁研究会、規制強化

 金融庁は26日、仮想通貨交換業の規制の在り方を議論する研究会を開き、相場操縦や風説の流布などの不正行為を防止するため、金融商品取引法の改正による対応が必要との見解でほぼ一致した。金融庁は年内にも議論を取りまとめ、法令改正などの手続きに入る見通し。

 研究会に参加した有識者らは、株価を人為的に変動させて利益を得る相場操縦や、虚偽の情報をインターネット上で広める風説の流布といった行為を規制するには、現在の改正資金決済法ではなく、株取引と同じ金商法による規制が適切だとの方向で議論を進めた。

 少ない資金で大きな利益を得られる可能性がある証拠金取引については、証拠金倍率の上限を定めるべきだと…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文621文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです