メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

中国民間企業の流動性不足=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 中国の民間企業には想定売り上げ下方修正で流動性不足に陥るところが増えた。政府は企業の借入金負担軽減のために、銀行に対し貸し出し債権の株式への転換を促す。

 こうした政府指導もあり、中国工商銀行傘下の資産運用会社は、電力や熱供給の民間企業GCLインテリジェント・エナジー社に対する貸金4・9億人民元(約80億円)の株式転換を行った。

 アジア通貨危機のなかで必死に人民元を支えた20年前の中国は、国有企業救済のために負債・株式組み換え事例を頻発させた。信用不安を引き起こせば、人民元急落が明らかだったからだ。しかし今回は前回と異なり民間企業を主要な対象とする。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです