メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

戦火から生まれた島の誇り 台湾、金門コーリャン酒

 <くらしナビ ライフスタイル>

 台湾の金門島は、中国南部・福建省アモイ市の沖合に浮かぶ。台湾が中国からの猛攻撃を防いだ最前線の島だ。「金門コーリャン酒」は芳醇(ほうじゅん)な味わいが評判を呼び、今では島の経済を支える基幹産業になった。その誕生のきっかけは戦争だ。銘酒が生まれた陰には、戦火の中、コーリャンの栽培を続けた島民たちの奮闘があった。

 10月末、金門島には見渡す限りのコーリャン畑が広がっていた。実が赤く色づき、農家の人たちが収穫に精…

この記事は有料記事です。

残り1755文字(全文1977文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです