メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 Jリーグ勢の今季の戦いも大詰め。J1からJ3までの優勝が決まり、残るタイトルは全日本選手権の天皇杯だけとなった。

 クラブの一貫性、継続性が問われた1年だったように思う。象徴的な出来事は湘南のルヴァン杯初優勝と、松本のJ2優勝および4年ぶりのJ1昇格決定だった。

 両クラブとも財政規模ゆえに、多額の補強費用は使えない。それをカバーしているのが共に7年間指揮を執っている湘南の曹貴裁監督、松本の反町監督のぶれない姿勢だ。

 攻守の切り替えで相手を圧倒するための運動量と集中力を、選手に求める。主力選手の移籍が毎年のようにあ…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文784文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです