メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ANA

ホノルル線に世界最大の旅客機A380就航

ANAのA380に導入される「カウチシート」に笑顔で寝そべってPRする綾瀬はるかさん=東京都中央区で2018年11月27日午前10時55分、米田堅持撮影

 ANA(全日本空輸)は27日、2019年5月24日にエアバスA380を成田-ハワイ・ホノルル路線に就航させることを東京都内で発表した。

 機体デザインはコンテストで決まった「ウミガメの親子」。ブルー、エメラルドグリーン、オレンジの3機が飛ぶが、来年春はまずはブルー1機で運航。その後順次残り2機も加わる予定だ。A380は火曜、金曜、日曜出発の週3往復でスタートし、2号機が就航する7月からは10往復に拡大する。

 A380は総2階建ての世界最大の旅客機。ANAは520座席仕様で就航させる。2階にファースト、ビジネス、プレミアムエコノミークラス、1階にエコノミークラスを配置。1階の後部には「カウチシート」を60席設けた。利用人数に応じた追加料金が必要だが、ひじ掛けとレッグレストを上げるとベッドのようにフラットになり、機内で楽にすごすことができそうだ。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 東京と福岡「緊急事態再指定の段階にない」 西村担当相「危機感」は強調

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです