メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本作家

私の使命「子供へ伝達」 加古里子さん遺作刊行

書斎で執筆する加古里子さん=神奈川県藤沢市で2013年10月

 「だるまちゃん」シリーズなど約600冊を世に送り、5月に92歳で死去した絵本作家の加古里子さん。今月、遺作の科学絵本「みずとは なんじゃ?」(小峰書店)が刊行された。創作の過程をたどると、病と闘い、亡くなる寸前まで完成に執念を燃やした壮絶な作家の姿が浮かんだ。【宇多川はるか】

 絵本では暮らしに欠かせない身近な水の役割を紹介し、気体や固体に変化することや、ヒトや動植物の体を形作っていることを説明。太陽の光と熱で起きている地球の水循環にも触れ、ひらがなと絵だけだが、ページをめくるたびにぐんぐん視野が広がる。

 化学メーカーの昭和電工で研究者だった加古さんにとって、実験に使う「水」は描きたいテーマだった。「幼…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1059文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです