メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本作家

私の使命「子供へ伝達」 加古里子さん遺作刊行

書斎で執筆する加古里子さん=神奈川県藤沢市で2013年10月

 「だるまちゃん」シリーズなど約600冊を世に送り、5月に92歳で死去した絵本作家の加古里子さん。今月、遺作の科学絵本「みずとは なんじゃ?」(小峰書店)が刊行された。創作の過程をたどると、病と闘い、亡くなる寸前まで完成に執念を燃やした壮絶な作家の姿が浮かんだ。【宇多川はるか】

 絵本では暮らしに欠かせない身近な水の役割を紹介し、気体や固体に変化することや、ヒトや動植物の体を形作っていることを説明。太陽の光と熱で起きている地球の水循環にも触れ、ひらがなと絵だけだが、ページをめくるたびにぐんぐん視野が広がる。

 化学メーカーの昭和電工で研究者だった加古さんにとって、実験に使う「水」は描きたいテーマだった。「幼い子供さんに身の回りにある不思議を感じてもらいたい」という提案で企画が始まったが、創作は50代で発症した緑内障による視野喪失との闘いだった。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです