領土

韓国議員の竹島上陸強行、菅官房長官が非難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=川田雅浩撮影
菅義偉官房長官=川田雅浩撮影

 韓国の国会議員8人が26日午前に島根県・竹島に上陸した。菅義偉官房長官は26日午後の記者会見で「日韓関係に否定的な動きが続く中で強行され、極めて遺憾だ」と韓国側を批判した。自民党の外交部会や領土特別委員会などの合同会議は同日に緊急非難決議を取りまとめ、河野太郎外相に対応を要請。河野氏は「ヘリコプターの出動などで関与した韓国政府の責任も厳しくただしたい」と述べた。

 外務省によると、韓国の与野党議員8人や記者ら計約20人が26日午前、日本政府による事前の中止要請を無視して竹島に上陸し、警備隊などを激励した。菅氏は、新日鉄住金に元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決や元慰安婦を支援する「和解・癒やし財団」の一方的な解散発表など日韓政府間の「合意違反」が続いていることに懸念を示し、「外交ルートで上陸の強行に強く抗議し、再発防止を求めた」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文476文字)

あわせて読みたい

注目の特集