メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

不正防止へ金商法改正を 金融庁研究会

 金融庁は26日、仮想通貨交換業の規制の在り方を議論する研究会を開き、相場操縦や風説の流布などの不正行為を防止するため、金融商品取引法の改正による対応が必要との見解でほぼ一致した。金融庁は年内にも議論を取りまとめ、法令改正などの手続きに入る見通し。

 研究会に参加した有識者らは、株価を人為的に変動させて利益を得る相場操縦や、虚偽の情報をインターネット上で広める風説の流布といった行為を規制するには、現在の改正資金決済法ではなく、株取引と同じ金商法による規制が適切だとの方向で議論を進めた。

 少ない資金で大きな利益を得られる可能性がある証拠金取引については、証拠金倍率の上限を定めるべきだと…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文641文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです