メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身体障害者

遠隔操作ロボで給仕 カフェの実証実験

 ロボットで重度身体障害者に働く場を--。東京のベンチャー企業「オリィ研究所」と日本財団、ANAホールディングス(HD)は26日、在宅の四肢が不自由な身体障害者が遠隔操作ロボを通じ給仕するカフェを開店した。東京都港区の日本財団ビルで12月7日まで実施する実証実験で、2020年には常設店を開きたい考えだ。

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊椎損傷などの重度身体障害者10人が自宅にいながら眼球の動きなど体の一部でコンピューターに入力し、オリィ研究所が開発した身長約120センチのロボ「オリヒメD」を操作。注文の受け付けや、食品や飲料の提供をする。働く人は交代制で時給1000円。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです