メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療

死亡事故の京大病院「ミスと言えない」遺族には謝罪

 京都大病院(京都市左京区)は26日、60代の女性患者の心臓手術で挿入したカテーテルにより心臓の壁を傷つけ、患者が4カ月後に死亡する事故があったと発表した。重大な医療事故として調査委員会を設けて検証を終え、医療事故調査・支援センター(日本医療安全調査機構)に報告した。稲垣暢也院長らが記者会見を開き、「医療ミスとは言えない」としつつ、遺族へのおわびの言葉を述べた。

 京大病院によると、女性は大動脈弁狭窄(きょうさく)症と診断され、今年6月に人工弁への置き換え手術を実施。手術には、心臓血管外科の専門医2人を含む医師4人が参加した。手術前、心臓の状態を観察するためのカテーテルを肺動脈に挿入しようとしたが難航。誤って右心房の壁に縫い込み、手術中にこれに気づかないまま位置調整のため引っ張ったため、壁が裂けた。その後、損傷部分は修復したが、出血が多く脳への血流が低下。…

この記事は有料記事です。

残り74文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです